ニュースリリース

2019/09/25

 

株主変更に関するお知らせ


ダイナテック株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:齋藤 克也、以下ダイナテック)は、現在ヤフー株式会社が保有する発行済み当社株式(100%)を日本最大級のアフィリエイト・ネットワークを軸とし、マーケティング領域での課題解決、提案をするバリューコマース株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 最高経営責任者:香川 仁、以下、バリューコマース)へ譲渡することを決定し、本日付で契約締結いたしましたことをお知らせ申し上げます。

1993年に創業し、1996年に日本で初めてアフィリエイトマーケティングを開始したバリューコマースは、同社の提供する「バリューコマース アフィリエイト」の旅行カテゴリにおいて、主要旅行広告主のアフィリエイト出稿でのシェア約6割を占め、このカテゴリにおけるシェアはナンバーワンとなります(※1)。
※1:2019年7月、バリューコマース調べ

一方、1987年に創業されたダイナテックは、宿泊施設向けの予約システムや顧客管理システムなどのホテルシステムを専門とした事業を展開しているソリューションプロバイダーです。現在は、ホテル・旅館の公式サイト専用予約システム市場において取扱実績シェアナンバーワンの「Direct In(ダイレクトイン)」(※2)や、ホテル運営管理システム「Dynalution(ダイナリューション)」、などのサービスを提供しています。
※2:2019年4月、ダイナテック調べ

日本のオンライン旅行市場は力強く伸び続けており、その市場規模は約4.5兆円ともいわれています(※3)。そしてこの成長に伴い、国内の宿泊施設予約に占めるオンライン比率も年々上昇しています。このような状況の中で宿泊施設は、より効率的な集客方法や情報発信、宿泊客とのより良い関係づくりのための施策の展開を求められています。
※3:フォーカスライトJapan「日本のオンライン旅行市場調査 第4版」(2018年11月)

EC市場そのものの成長と活性化は、オンライン旅行市場の拡大にもつながるものです。ダイナテックの保有する旅行業界に関する知見と、バリューコマースの保有する集客ノウハウ、EC流通金額の伸長に貢献するプロダクトを組み合わせ、宿泊施設予約のさらなる効率化と売上を拡大することを目指し、今回の提携にいたりました。

バリューコマースとの提携後も、ダイナテックは、オンライン旅行市場のさらなる発展のために業務を推進していきます。

【株主の変更】
譲渡予定日 2019年9月27日(金)
変更前株主 ヤフー株式会社      (100%)
変更後株主 バリューコマース株式会社 (100%)

【バリューコマースについて】
EC事業者の2大課題、「集客」と「顧客維持」に対するソリューションを自社で保有。日本最大級のアフィリエイト・ネットワークを軸とし、マーケティング領域での課題解決、提案をする会社です。

【ダイナテックについて】
ホテル・旅館の公式サイト専用予約システム市場でシェアナンバーワンの「Direct In」や、ホテル運営管理システム「Dynalution」などのサービスを通じて、宿泊施設様のあらゆるニーズにお応し、ITの活用によって企業経営を支援していくことを目指し、新たな価値を生み出すソリューションを展開している会社です。

<本件に関する報道関係のお問い合わせ先>
ダイナテック株式会社 管理部
pr@dyn.co.jp